包丁

豊富な種類がある出刃包丁は使用用途を考えて購入するべき

● SITE MAP ●

出刃包丁は定期的にお手入れする

出刃包丁とは、主に魚を下ろす為に作られた和包丁の中の1つです。ただ単に出刃と呼ばれる場合もあります。刃の幅が広く、峰が厚くて重みがあり先が尖っています。ですから魚の骨を切ったり、肉を切ることも可能です。出刃包丁の形は他の包丁とは違い、刃が反り先は鋭く尖っています。見た目からして物凄く良く切れそうな包丁です。それは魚の骨をしっかり切って効率的に捌く為なのです。魚を捌く時、適当に刃を入れ切るわけにはいきません。
キレイに下ろす為には魚の身に切り込みを入れて身を切り離していきます。刃の幅が広い方が大きな魚を捌くことができます。出刃包丁といってもいくつか種類があるのですが、本出刃、相出刃、見卸出刃、小出刃と呼ばれるものがあります。よく言われる出刃包丁とは本出刃のことで、500グラムほどの重さがあります。
頑丈ですが、魚を捌く時ぐらいしか使用しません。日常で使うには少し難があるかと思います。相出刃などは本出刃よりも薄くて刃の幅も狭めです。ですので家庭用として使用することもできます。出刃包丁は頑丈ではありますが、雑に扱うと切れ味は鈍くなってしまいます。定期的に研いで手入れをすることにより、長く使い続けることが可能です。一度覚えると魚をうまく捌くことができます。是非チャレンジしてみてください。

● ピックアップ ●

● 記事リスト ●

2017年07月19日
家庭用出刃包丁のオススメとはを更新しました。
2017年07月19日
出刃包丁は定期的にお手入れするを更新しました。
2017年07月19日
出刃包丁について知ろうを更新しました。
2017年07月19日
オリジナル出刃包丁を更新しました。
TOP